義務付けられている表記に関しては出資する側がすぐにわかるところに表示をする

アイデアや夢を実現させるにはお金も必要、複数の資金調達のやり方がある中で、注目をされているのがクラウドファンディングです。
購入型は特に注目株であり、強い関心を示す事業者も少なくはありません。出資を不特定多数の人を対象に募ることになりますが、事業者の新たな挑戦となるサービス、及び商品開発のために多くの人が貢献をしてくれることになります。

資金を募るからには出資をする側にも何かリターンが無ければだれも見向きはしませんが、購入型クラウドファンディングは出資する側にも大きなメリットがあるやり方です。開発したサービスがヒットを飛ばし、商品の売り上げもうなぎのぼりともなれば、事業者の資金面は潤いますが、資金提供してくれた人たちへリターンで何かを提供をする事になります。

成功を夢見て事業者はプロジェクトの起案を行い掲載をしますが、間に入るのはクラウドファンディング提携会社です。
すると出資者による出資が行われますので、集まったお金は事業者へ渡され商品開発やサービスの誕生に使われます。
その上でリターンとして出資者に渡されるのが、サービスや商品という事です。

実施を検討する事業者は購入型クラウドファンディングで、必ず守らなければならない規則を厳守する必要があります。
そのひとつが特商法であり、通信販売に値するのが購入型クラウドファンディングであることから、特定商取引法に基づく表記は必須です。

具体的に特商法で定められている規則として、何を事業者は守っていくべきかですが、大きく分けると表示義務と誇大広告の2つになります。表示が義務となっているのが特定商取引法に基づく表記であり、出資者に対して事業者側は特商法に関して表示をしなければなりません。

基本情報を提示する必要がありますので事業者の氏名をはじめ企業のある所在地に電話など連絡が取れるナンバー、サービスの対価は何であるのか、また商品に関しては実際に販売する際の価格も必要です。
代金はイコールで出資金の理解であり、その支払い手段と時期的なことも、商品やサービス提供に関してはいつになるのか、出資者が期待をするリターン引き渡し時期などもそうです。

いったいどこに掲載されているかわからない、まるで謎解きのような記載ではなく、わかりやすいページに記述をしなければなりません。
最もわかりやすいのは事業者のプロフィールページですが、プロジェクト記載をするページなどでも良く、要は出資をする人たちがすぐにチェックできるところに記述をする事です。

SNSでもご購読できます。